主婦でも借りれるローン

MENU

借金して困った事

返済方法が簡単なものほど怖い借金はない。

 

銀行系のカードローンに手を染めたのが、今でも後悔しています。

 

@借入額を50万円に設定。
A返済期限は決まってなく、お金がある時に返済すればいいだけ。
B借入残高に応じて、毎月利息が差し引かれる。

 

「急な出費に備えて、1枚持っておこう」と思い申し込んでしまった。
「いつでも返せるんだ」と思ったのが不幸の始まり。

 

ATMで簡単に借入ができるので、仕事終わりに急に決まった会社の呑み会なんかがあると財布に持ち合わせの金が入っていないので、借入をする。ボーナスで5万円ほどは変災するが、借入残高は全てなくなるわけではない。

 

そのうち「まだこれだけ借入額に余裕があるから、ちょっと借りよう」と自分の貯金している金と錯覚を起こしてしまい。お金を借りているという実感がわかないのである。

 

結局、いつまでたっても元金を返済できないので、同じ銀行の毎月固定返済の借金を申し込んでカードローンを全額返済しました。

 

今考えれば、利息をいくら払ったか記憶にないし、借入額の上限以上に利息を払っているのではなかったかと後悔しています。
この利息分があれば、高級時計も買えたんですよ。

 

借金は、返済回数を決めて毎月払っていくものでないといけない。
そうでないと返済するという意識がなくなってしまう。

 

最近も銀行系のカードローンがCMでも放送されている。
10万円程度の借入額だったら毎月2千円からでOK。

 

しかし、これだって借入元金を全て返済しないうちは、永遠に利息を払わなければならない。
手続きが簡単で、返済方法も簡単なものほど気をつけないと、アリ地獄にはまってしまいます。

 

借入額の多い少ないにかかわらず、きちんとした返済計画を立ててから借入しましょう。


 

生活費の補てんをしてしまいました。

 

どうしても生活費が足りなくて借金してしまったことがあります。
クレジットカードのキャッシング機能で簡単に借りることができました。

 

最初は3万円程だったと思います。一回目はお金が入ってから一括で返済しましたが、結局次の月に3万円少ないことからまた借りました。

 

そういうことを繰り返していくうちに少しずつ借金が増えていて、毎月1万円ずつ返済しながら、また借りてを繰り返していましたので結局一番ピークの時に50万円程借りていました。

 

最初はキャッシングで借りることが出来る額は10万円くらいまででしたが、借りているうちに少しずつ限度額が増えていったのです。

 

借りることの出来る額は、借りていい額ではないんだということは後で気付きましたが、その頃にはもう遅かったです。

 

毎月3万円くらいずつ返済をしていましたが、毎月同じくらいキャッシングを利用していましたから、毎月1万円くらいの金利を払って元本は全く減らないという時期が何年か続きました。

 

これじゃいけない!と思い、バイトを増やして、それでもじわじわしか減らすことが出来ません。
給料が入っても全くお金が残らないというのは本当に辛かったです。

 

なんとか返済し終えた時には、解放感よりも疲労感のほうが大きかったです。
もう二度とキャッシングだけには何があっても手を出さないとその時に固く誓いました。


 

香港に半年以上いました

 

友人と待ち合わせで香港に行きました。香港から他の街へ移動する予定でした。当初2泊3日の予定でした。が、結果的に半年いました。
半年たっても移動せずにいたので帰国しました。当初の予定では2,3ヶ月別の街で過ごす予定でしたので、200万くらい用意していきました。

 

ですが、1ヶ月たったころホテル代と生活費と食費と買い物で使い果たしてしまいました。一度日本へ戻りお金を用意しました。また200万くらい用意していきました。カード詐欺にあいました。他人のお金まで払うことになりました。

 

結果的に半年もいたおかげでお金に困りました。カードローンを利用しました。JCBカードを3枚持っていたので3枚とも限度額まで借りました。後で後悔しました。

 

途中で帰ればよかったと思いました。ですが、そのときは友人と待ち合わせていたので帰らずに待ちました。結果的に半年もいてお金がかなり予定よりかかりました。

 

合計で600万くらいかかりました。他人の支払いまであったからです。200万くらい借金をしました。日本に帰ってから支払いました。貯金をおろしたり、保健を解約したりしてお金を作りました。

 

かえすのに2ヶ月かかりました。大変、後悔しました。途中で帰っていればお金に困らずにすんだのです。半年もいたおかげでお金に困りました。


 

長期独身生活からの結婚

 

私は、海外旅行が好きなため、普段からある程度の貯金は心がけていました。

 

そんな時、私の妊娠がわかり、さらに引っ越しをすることになりました。普段から貯金をしているとはいえ、1週間の海外旅行程度の貯金で、賄えない額になりました。

 

出産費用、引っ越し費用は、合計100万円を超えてきます。さらに、彼も私と似た者同士なので、貯金は微々たる額でした。

 

こんなことは、自分にとって生まれて初めてのマイナス貯金のため、あせりました。彼と喧嘩にもなりました。

 

恥など捨て、親、友人から借金をしました。
もちろんそれぞれ、長年の付き合いもある仲なため、私達のことを心配してくれ、快く貸してもらうことができました。

 

ですが、それからの問題です。必ず返金すると約束はしたものの、出産したら、ベビー用品などで、またお金がかかってきます。

 

私も彼も、お給料がすべて自分のものだった独身生活が長かったために、節約をする、買い物を我慢することに慣れておらず、借金返済がなかなか進みませんでした。

 

友人からは20万円ほどの借金でしたが、友人も裕福なわけではないので、焦っていました。

 

友人との連絡は、「体調は大丈夫?」などの心配から、「まだ(身の回りは)落ち着かないの?」という、直接ではないが、お金のことを聞かれるようになりました。

 

少しずつ、友人との間にも壁ができるようになり、連絡はお金の話のみに、変わってきます。

 

そうなると、返済が終了した時も、借金以前とは違う空気になってしまい、一緒にランチをしたり、買い物をしに行ったりという、会計が割り勘になりそうなお出かけがしにくくなりました。

 

友人には気を遣わせてしまうことになり、金融機関からでも借りれば、良かったのかと少し後悔をしました。


 

パチンコ中毒と借金について

 

私はパチンコにハマってしまって、1年くらい前に消費者金融2社から50万と10万を借金してしまいました。

 

コンビニのATMから借りるシステムなので、まるで自分の口座から引き落としをしてるような感覚で借りてしまっていました。

 

5万借りてパチンコに行き、勝ったら返済して負けたら借りての繰り返しをしていて、これなら返して借りてだし返済も困ることなんてないじゃんとか思ってしまっていました。

 

ですが、やはりギャンブル。結果的に限度額いっぱいになってしまい、毎月の返済に頭を悩ませています。

 

夫にも秘密にして嘘をつき罪悪感もあり、正直に打ち明けたところ、許してもらいこれからはもう行かないということ、きちんと滞りなく返済することを約束し現在はもう行っていません。

 

中毒になっていたのかもしれません。暫くは行けないと思うとパチンコの事ばかり考えてしまうし、情緒不安定になったりしていました。
もう今は全く行きたいと思いませんが、パチンコと借金は本当に怖いです。

 

なぜ、増額してしまったんだろう。なぜ、そのお金を有意義に使えなかったんだろう。
公開は数えきれないほどあります。

 

私は夫が居て借金からもパチンコからも立ち直ることが出来ました。

 

まだ少し残っていて現在返済中なのですが、これからは約束通り借りることなく返済していきたいです。